1. TOP
  2. コラム
  3. 女性たちが「デトックス」に惹かれてしまう理由の一つに挙げられるのは…。

女性たちが「デトックス」に惹かれてしまう理由の一つに挙げられるのは…。

コラム この記事は約 4 分で読めます。 46 Views

顔色を良く見せたいという気持ちや首のザラザラを解消したい気持ちでフェイシャルマッサージをする方がいるようですが、ことさら目の下の皮膚は薄くて繊細なので、こするように力任せの乱暴なマッサージはしないほうが無難です。

ことに22時~深夜2時までの240分間は皮ふのゴールデンタイムと呼ばれており、肌の生まれ変わりが一際促される時間帯です。

この4時間の間に良質な睡眠をとることが最も効果の高い美容術ということは疑いようのない事実です。肌細胞の分裂を活発にして、皮膚を再生させる成長ホルモンは昼の活動している際には出なくて、夜になってからゆっくりと身体を休め静かな状態で出始めます。

この夜10時から2時の間にベッドに入ることが一番良い肌の手入れ方法だと考えています。

ネイルケア(nail care)とは、手足の爪や指のお手入れ全般を指す。ヘルスケア、美容、ファッション、医者による医療行為、生活の質(クオリティオブライフ=QOL)の保全といったあらゆる扱い方が可能で、ネイルケアは確立された分野の一つと言っても過言ではない。

女性たちが「デトックス」に惹かれてしまう理由の一つに挙げられるのは、私たちが暮らす環境の悪化だ。空気や土壌は化学物質で汚染され、穀類などの食物には作用の強い化学肥料や有害な農薬がたっぷり使用されていると周知されている。

頭皮は顔のお肌と繋がっており、おでこもスカルプと一緒と考えるのはさほど知られていません。

加齢に従いスカルプがたるむと、その下にある顔の弛みの原因となります。

アトピー性皮膚炎(atopic dermatitis)を薬だけで完治させようというのには無理があると言わざるを得ません。

生活習慣や趣味など生活全ての考えまで共有するような問診が重要です。

首のザラザラを解消してくれそうなピーリングとは何かというと、役目を果たしてしまった不要な皮膚をピール(peel:剥くの意味)することによって、生成されて間もないすべすべの角質に入れ替え、新陳代謝を促す美容法なのです。

唇の両端、即ち口角がへの字型に下がっていると、顔の弛みは少しずつひどくなっていきます。

きゅきゅっと唇の両端を上げた笑顔を見せれば、弛み予防にもなるし、何より人に与える印象が美しいと思います。

細胞分裂を促して、皮膚を生まれ変わらせる成長ホルモンは日中の仕事などの活動している途中ではほとんど出なくて、日が暮れてからゆったり体を休めくつろいだ状態で分泌されると考えられています。

下まぶたに弛みができると、男女関係なく実際の年齢より4~5歳上に映ることでしょう。

肌のたるみは多くありますが、中でも下まぶたは目立つエリアです。

そんな場合に多くの皮膚科医がまず利用するのが、美白美容液などに配合されているビタミンC誘導体だ。

外用抗菌薬と一緒に使用すると半年前後で快復に持っていける症例が多いようだ。

最近よく耳にするネイルケアとは、爪や手指などの手入れを指す言葉。

健康、ビューティー、皮膚科医による医療行為、生活の質(クオリティオブライフ=QOL)の保全といったありとあらゆる場面で活躍しており、既にネイルケアは一つの確立された分野となっているのだ。

仕事、終電帰りの食事会、深夜に至るスポーツ観戦・翌日の家族のお弁当や朝食の準備…。皮膚に悪いとは分かっていても、実際の生活においては十分に睡眠を取れない人が大半を占めると思われます。

首のザラザラを解消するサイトのトップページへ

\ SNSでシェアしよう! /

首のザラザラ解消の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

首のザラザラ解消の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • いずれにしても乾燥肌が普段の生活や身辺の環境に大きく関係

  • ドライ肌というのは…。

  • サンバーンによって発生してしまったシミよりも…首のザラザラが気になる

  • ことに夜の10時~2時までの4時間は皮ふのゴールデンタイムと言われており…。

  • 「デトックス」術には問題やリスクは無いと言えるのだろうか…。